10万円一人暮らし お気楽節約生活!

物件を選ぶ前に  。.:*・゚ 月10万円 2.8倍楽しくなる 頑張らない 一人暮らし .。.:*・゚

 

<<<前のページへ     次のページへ>>>

 

猫

 

物件を選ぶ前にしておきたい大事な確認事項を

 

2回くらいにわけていくつかあげてみます。

 

 

 

家賃

豚の貯金箱

 もちろんこれが高いと10万円生活ははじまりません。
付帯して敷金、礼金、仲介手数料、更新家賃もちゃんと
チェックしてくださいね。
 更新家賃は2年契約なら2年分の家賃に加算して
24で割ったものを家賃として認識しておいた方が得策です。
家賃が安くても一人暮らしをはじめるのに
○十万も使ってちゃ 今後の生活にも響くんで(@_@;)
あと家賃がいくら安くても風呂ないのとかは
却って銭湯とかで少々高くつきます。

 

 

 

最寄りまでの交通事情

路面電車

これも大事!
電車通勤なら最寄りの駅まで
時間や運賃がかかりすぎる
のでは本末転倒です。
特にバス通勤とかが必要な物件は
利便性が低く その物件での生活が長く続かない
可能性が高まります。
自転車通勤も通勤前に
力使い果たさないくらいにしましょう。

 

 

ガス会社

重要なのでもう一回書きますよ。

 

『 ガス会社 』です。
物件決めるのにだいたい確認しない人多いみたいです。
ガス会社に料金聞いたら珍しがってました。
自分も失敗があるのですが、LP会社(プロパンガスのことね)は
価格が自由に決められるので、同じガスの量を使ってもだいぶ価格は違います。
以前使っていたガス会社はプチ○○たくりで一人暮らしで風呂だけで
¥10,000近くいってしまったことがありました。
今は¥2000〜¥3000くらいです。5000〜6000違うとせっかくいい物件見つけても、意味ないです。

 

自分は今は都市ガスですが、一般的にはLPの方が月額が高くなる傾向が
強いようです。

 

ちなみに都市ガスとLPガスは比重,熱量が違うのでそのままの単位で
あてはめて料金の試算をしても意味ないですよ。

 

詳しいことが知りたい方は『suumoジャーナル』に詳しいことがあったので
こちらまで↓

 

意外に知らない都市ガスとLPガスの特長、徹底比較 ≪SUUMOジャーナル≫

 

 

エアコン等備え付けの備品

エアコン

この頃の物件はエアコン付帯のものが多くなって
きているとはいえ、イニシャルコストがかかりすぎるのは
微妙ですよね。これらの付帯設備があるかないかで
一人暮らしに準備するお金もだいぶ違ってきます。
ご留意を!^^

 

近隣の施設

コインランドリー

こういう生活をするのなら、
どうしても必要になってくる
比較的安めなスーパー、ディスカウントストア、
100円ショップは あったほうが助かります。
帰宅が遅い方とかは生活のスタイルに合ったお店がないと
また引っ越しなんてことになるかも。
近くにコインランドリーはあると便利ですね。

 

 

間取り

 

間取りによっては冷暖房費とか
だいぶ違うかもしれないので生活スタイルに合わせて
選びましょう。

 

 

backボタンnextボタン

 

関連ページ

お部屋探しのこつ Point@
お部屋探しに大切な 条件の優先順位付けについてです。
お部屋探しのこつ PointA
実際の一人暮らしの部屋の探し方について
お部屋探しのこつ PointB
お部屋探しの際の物件の詳細情報の見方。 略号等の用語の解説もあります。
お部屋探しのこつ PointC
お部屋探しの内見の際に必ず確認しておくべきことをおさらいします。
お部屋探しのこつ PointD
一人暮らしに役立つ 10万円一人暮らしを楽しくする生活のこつ!
物件の賃料は何で決まる!?
貸し手側の心理も踏まえつつ、条件のいい物件の探し方を提案します。
契約時にかかる総額費用
物件契約の際に、一番気になる総額費用やその内訳について
入居審査ってなに?
物件契約の際にある入居審査のアレコレ。
事故物件??
実際にあった事故物件の家賃やら実体験について
はじめての一人暮らし 物件チェックリスト
初めてのお部屋探しの際に気をつけること 知っていたらお得な情報をお届けします。